【メダイ料理】メダイの和洋折衷ムニエル:ヤップ!流 釣魚料理

連載記事

誰でもカンタンにできるヤップ!流の釣魚料理を紹介。メダイは中深場狙いのジギングでは意外に登場する機会が多いターゲット。体表のヌルヌルは少しやっかいですが、ほどよく脂が乗った白身は絶品。ここでは和洋折衷のムニエルに仕上げています!

●料理/東京都昭島市「酒元」津崎圭一郎
●写真/文 大川直

白身ならすべての魚に応用可能な料理法

みなさん、釣ってますか?

今回はメダイ料理です。

中深場のジギングゲームでは、比較的ポピュラーなサブターゲットがメダイ。しかし、一般家庭ではまったくと言っていいほど名を知られていないマイナー魚でもあります。

7~8kgクラスともなれば強烈なファイトでアングラーを楽しませてくれる好敵手。ほどよく脂が乗った上品な白身はどんな料理法にも合います。

でも、嫌われることもあります。その原因は全身を覆うヌルヌル。

このヌルヌル、ちょっとやそっとでは取れないので、気の利いた船では専用のタワシなどが常備されているほど。しっかり取らないとクーラーボックス内の他の魚もヌルヌルになってしまうのでご注意。

今回のシンプルな料理法は白身魚ならなんでもイケると料理人も太鼓判。ムニエルはもちろん洋食ですが、醤油と梅肉で和も折衷されているところがワンポイント。

老若男女、すべての日本人(外国の方も?)に好かれる味と言えますが、梅肉だけは好みが分かれるところ。苦手な方はなしにしてもよいでしょう。十分美味しくいただけますよ。

2人分の材料

メダイ 2切れ
小麦粉(薄力粉) 適宜
塩 少々
ホワイトペッパー 少々
日本酒 180cc(半分ずつ使用)
バター 60g(20gと40gで使用)
梅肉 20g
ディール 適宜
イタリアンパセリ  適宜
トレビス 適宜
醤油 少々

料理手順

1.
メダイを三枚におろし、塩、コショウで下味をつけ、小麦粉をまぶし余分を落とす。
2.
フライパンにバター20gを馴染ませてからメダイを入れ、焼き色をつける。
3.
日本酒90ccを入れてからふたをして蒸しあげ、皿に移しておく。
4.
フライパンの汚れをふき、日本酒90ccを入れて沸騰させ、梅肉、バターの順に溶き、最後に醤油を少々たらしてソースを作る。メダイに回しかけて完成!

ワンポイントアドバイス

ソースにバターを使うのが味の決め手。奥深い、濃厚なコクが楽しめる。

注目記事

MOVIE

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. 1

    【キハダキャスティング】キハダマグロを釣るためのタックルから釣り方までの完全バイブル

  2. 2

    【マグロキャスティング】SOULS佐藤偉知郎さんに訊く!スイベル&スプリットリングの重要性

  3. 3

    カツオキャスティングロッドおすすめ8選!

  4. 4

    【タイラバ】リーダーの長さや号数はどのくらい? その役割、重要性とは?

  5. 5

    【スーパーライトジギング(SLJ)】ロッド、リール&ライン! 最初に揃えたいタックルとは?

TOP
CLOSE