【タチウオ料理】タチウオのアーモンドバター醤油焼き【ヤップ!流 釣魚料理】

連載記事

釣って楽しく、食べて美味しい! そんなタチウオをいつもの塩焼き以上に美味しくいただける一品に仕上げました。しっかり、こってりの濃厚テイストなので、コース料理のメインディッシュにもなり得る存在感です。

◎料理/小出 礎
◎写真/文 大川 直

良型1本あれば十分。ぜひタチウオ料理のレパートリーに加えておこう。

アーモンド、バター、醤油トリオが大活躍!

みなさん、釣ってますか? 今回はタチウオ料理です。

釣って楽しく、食べて旨い! そんな魚はいろいろありますが、今回紹介するタチウオも釣って楽しく食べて旨い魚の代表選手でしょう。

脂っ気の多い白身は刺身はもちろん、塩を振って焼くだけでも柔らかいホクホクの身がたまらなく美味しい魚です。

でも、刺身と塩焼きばかりじゃ、そりゃ飽きてくるのも当たり前。タチウオはいっぱいあるんだよ、だから面倒なくカンタンに作れて旨い食べ方はないの? という腕達者におすすめしたいのが今回の一品。

その名はタチウオのアーモンドバター醤油焼き。

アーモンドと、バター、醤油が三位一体となって繰り広げる絶妙な香ばしさ。濃厚な味わいがタチウオのホクホク白身の絶妙なハーモニー。

クセになること間違いなし! の美味しさを、ぜひお試しあれ。

2人分の材料

タチウオ 300g
アーモンドスライス 100g
塩 適量
白コショウ 適量
醤油  適量
バター 大さじ1と1/2
サラダ油(オリーブオイルも可) 適量
パセリ 適量
小麦粉 適量

料理手順

1.
三枚におろしたタチウオの身に隠し包丁を入れ、塩、コショウをして小麦粉をまぶす。
2.
フライパンにサラダ油をひいて熱してからタチウオを入れ、キツネ色になるまで中弱火でじっくり両面を焼く。焼きあがったら皿に移す。
3.
2のフライパンにバター、アーモンドスライスを入れ、バターを焦がさないように注意して火を通し、最後に醤油を適量たらす。
4.
3のソースをタチウオに回しかけ、パセリのみじん切りを散らして完成!

ワンポイントアドバイス

アーモンドはキツネ色になるまで炒める。バターは焦がさないように要注意!

注目記事

MOVIE

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. 1

    【キハダキャスティング】キハダマグロを釣るためのタックルから釣り方までの完全バイブル

  2. 2

    【マグロキャスティング】SOULS佐藤偉知郎さんに訊く!スイベル&スプリットリングの重要性

  3. 3

    カツオキャスティングロッドおすすめ8選!

  4. 4

    【タイラバ】リーダーの長さや号数はどのくらい? その役割、重要性とは?

  5. 5

    【スーパーライトジギング(SLJ)】ロッド、リール&ライン! 最初に揃えたいタックルとは?

TOP
CLOSE