イナダのさんが焼き、お好み焼き風【ヤップ! 流 釣魚料理】

連載記事

出世魚、ブリの1キロくらいの魚がイナダ、ハマチ。とても身近な存在の釣魚だけに料理法のレパートリーは多めに用意しておきたい。そんな要望にお応えし、漁師料理をベースにしたさんが焼きをお好み焼き風に仕上げた一品をご紹介。ぜひぜひお試しください。

◎料理/レシピ 「だるまや」永井裕策
◎写真/文 大川 直

個性的なさんが焼きをお試しあれ

いい釣りしてますか? ヤップ! です。

今回はイナダ・ハマチ料理を紹介します。

イナダもハマチも標準和名はブリ。大きさによって呼び名が変わる、いわゆる出世魚です。

小さいサイズから順番に、関東ではワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ、関西ではツバス、ハマチ、メジロ、ブリと呼ばれます。

イナダ、ハマチはジギングでもキャスティングでも出会う確率が高い魚です。いつでも、どこでも相手になってくれる貴重なターゲットとも言えましょう。

1キロクラス、といったところのイナダ、ハマチはいろいろな料理法に対応してくれます。

時期やモノによりますが、脂の乗りはまあまあ。大漁に恵まれることもあるので、刺身やたたきでは飽きてしまいがちな相手です。

今回紹介する「さんが焼き」とは漁師料理がルーツとされる「なめろう」を焼き上げた料理。見た目は関西粉もんの代表、お好み焼きそのもの。知らずに食べたら、あれっ? と驚くこと間違いなし、でしょう。

料理法、レシピを教えていただいたのは故人となられてしまった永井裕策さん。沖釣りの名手であり、「だるまや」という料理屋さんを経営されていた方です。

永井さんのさんが焼きはマヨネーズを使うところが個性的。マヨラーは一撃で悩殺間違いなし。お子様にも大ウケ間違いなし、でしょう。

それではみなさん、よい釣りを!

2人分の材料

イナダ 半身
長ネギ 1本
大葉 3枚
ショウガ(すりおろし) 小さじ1
エノキ 1/3袋
味噌 大さじ1
片栗粉 適量
小麦粉 適量
サラダ油 大さじ1
マヨネーズ 適量

料理手順

1.
イナダは三枚におろし、おおまかに叩いておく。野菜などもみじんに切り、イナダと合わせてさらにたたく。
2.
つなぎに片栗粉、小麦粉適量を加え、硬さを調節する。
3.
平べったく形を整え、熱したフライパンに油をひいてから弱火で焼き上げる。
4.
皿に盛り、マヨネーズを回しかけて完成!

ワンポイントアドバイス

味噌が入っているので焦げやすい。焼き上げるときは弱火にするのがコツ。

注目記事

MOVIE

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. 1

    【キハダキャスティング】キハダマグロを釣るためのタックルから釣り方までの完全バイブル

  2. 2

    【マグロキャスティング】SOULS佐藤偉知郎さんに訊く!スイベル&スプリットリングの重要性

  3. 3

    カツオキャスティングロッドおすすめ8選!

  4. 4

    【タイラバ】リーダーの長さや号数はどのくらい? その役割、重要性とは?

  5. 5

    【スーパーライトジギング(SLJ)】ロッド、リール&ライン! 最初に揃えたいタックルとは?

TOP
CLOSE