カツオキャスティング用ルアーおすすめ10選

キャスティング

カツオキャスティングにおすすめのルアーを10選、紹介します。カツオキャスティングに使用するルアーの基本的な選び方や使い方、出しどころなども併せて解説します。これからカツオキャスティングを始めたい釣り人はもちろん、すでに何度が挑戦しているけど、なかなか釣果を出せずに悩んでいる方も、ぜひ今後のルアー選びの参考にしてみてください。

本記事ではアフィリエイトプラグラムを利用しています。

この記事を作った人ヤップ!編集部
ヤップ!でオフショア情報を発信する人たち。編集長の大川直を中心にそれぞれに得意な分野について執筆&撮影して投稿。信頼できる情報を分かりやすく伝える! をモットーに活動中。

カツオキャスティング用のルアー選びは捕食されているベイトを意識する

カツオキャスティングでは、ベイトを追って水面近くに浮上しているカツオを狙うのが一般的。そのため、ルアーサイズやルアーの種類はカツオが捕食しているベイトに近づけていくのが基本になります。

釣行前にしっかり情報を集め「現在のベイトフィッシュは何なのか」「どんなルアーで釣れているのか」を確認し、これらを意識したルアー選択をして、効率的にカツオキャスティングを攻略しましょう。

カツオキャスティング用ルアーの定番はメタルジグとヘビーシンキングペンシル

カツオは、シラスやカタクチイワシなどの小型のベイトを捕食していることが多い魚なので、小型のメタルジグやヘビーシンキングペンシルが使用ルアーの定番です。

とくにタングステン製などのシルエットが小さいタイプのジグなどは出番が多く、状況によってはこれだけで釣りが成立してしまうほどです。

まずは小型のメタルジグとヘビーシンキングペンシルを主体にルアーを揃えていくと、大きく失敗することが少ないのでおすすめです。

カツオキャスティングでは飛距離が出るルアーが有効

ナブラまで届いた人は釣れる、届かなかった人は釣れない。こうした状況はカツオキャスティングでは日常茶飯事。どんなに釣れるルアーでも魚のいないところでは活躍できません。

そのため飛距離が出せるルアー、というのがヒットルアーの第一条件になることもあります。こうした側面からもメタルジグやヘビーウェイトのシンキングペンシルは、とても有効なルアーと言えるでしょう。

カツオキャスティングでは状況に応じてプラグ系もあり

ナブラが固まらず、潮目周辺などで単発の跳ねが確認できるような状況では、アピール力が強いプラグ系が活躍することもあります。

ダイビングペンシルやポッパーなどのトップウォータープラグが有効な場合もありますし、ミノーなどが良い場合もあります。

乗合い船の釣り座によってはプラグ系の出番が多くなるということもあるので、こちらも忘れず用意しておくのがおすすめです。

カツオキャスティング用ルアーではフックにもこだわるべし

意外と見落としがちな点ではありますが、カツオキャスティングではフック選びも大切です。カツオは引きの強さに反して口周辺は非常に柔らかい魚です。

活性が高くしっかりと良い位置に針掛かりしてくれるような状況であれば、さほど気にすることはありませんが、喰いが浅いような状況だと、口切れによるバラシが連発してしまうことがあります。

基本的にはゲイプが広い形状のフックの方がバラシが少ないとされているので、カツオキャスティングにおいては、やや細軸でゲイプが広めのフックを選ぶなど、バラさないフック選びを追求することも大切なポイントです。

カツオキャスティング用ルアーおすすめ10選

ダイワ/TGベイト60g

「カツオキャスティングといえばこれ!」という人も多い定番ルアー。タングステン製なので、シルエットが小さく小型ベイトパターンでも難なく攻略することができます。ただ巻きで、しゃくりを入れてと、使い手や状況を選ばずよく釣れるルアーなので、1つは持っておくことをおすすめします。

MGクラフト/スキルジグ50g

古くからのファンが多い、カツオキャスティングの定番メタルジグ。鉛製ではあるものの、シルエットはかなり小さくシラスパターンなどでも十分に活躍してくれます。手張りのホログラムやアルミの作りも美しく、所有欲まで満たしてくれるルアーです。

デュオ/ドラッグメタル キャストスリム60g

ヒレ状の突起が付いていて、高速巻きに強いタングステン製メタルジグです。着水後すぐに高速巻きしても、水面から飛び出しづらいのが特徴です。ティンセル付きのツインアシストが付属していて、パッケージから出して即使用することができるのも嬉しいポイントです。

パームス/ギグ ギガンドフック100S

小型メタルジグに反応がない時に、シンキングペンシルのスキッピングが効果的な場合があります。そんなときに活躍するルアーがコレ。水面をスキップするような動きを演出することで、シルエットをごまかすことで効率的にアプローチすることができます。シラスパターンにも強いルアーでありテクニックです。ややテクニカルですが、これができると攻略の幅が広がります。

CB-ONE/オズマ95SHW

ヒットレンジがやや深い場合や、カツオの群れに混合しているキメジを狙いたい場合などにオズマの水平フォールが効果的です。もちろんジャークやトゥイッチなどのアクションにも対応できるので、状況に応じてお試しください。

ジャクソン/ピンテールチューン40g

120mmサイズのヘビーシンキングミノーです。ベイトサイズが比較的大きい場合や、釣り座の関係でナブラに直接キャストできない場合に効果を発揮するルアーです。潜航して船の周囲を通過していくカツオを狙ってみましょう。

タックルハウス/フリッツ42g

ヒレ状の突起が付いていて、高速巻きでも動きが破綻しづらいタイプのシンキングミノーです。ピンテールより小ぶりの90mmサイズなので、ベイトが小さい場合はこちらを選ぶのがおすすめ。サイズ展開も多いので、各サイズ揃えておくのも効果的です。

マリア/ラピードF130

ナブラが固まらないような場合には、ダイビングペンシルで誘い出すのも効果的です。トップに出てくるカツオはサイズも良い傾向があるので、釣り座によっては初手からダイビングペンシルを使用するのも面白いかもしれません。

マリア/ポップクイーンF130

小型のトビウオなどがベイトの時は、アピールが強いポッパータイプが効くことがあります。また極小ベイトパターンでタングステン製の小型メタルジグにも反応しない場合に、泡を纏わせるアクションでヒットに持ち込める場合もあります。ぜひお試しください。

バスデイ/レンジバイブ90ES

知る人ぞ知る、カツオキャスティングのシークレットルアー。本来はシーバスなどを狙うバイブレーションですが、実はカツオにも絶大な効果があります。ミノーが活躍する場合と同じような状況で使用するのがおすすめですが、ベイトの種類によってはこちらに反応が良いことがあります。ミノーにヒットしない場合の切り札として使ってみてください。

まとめ ルアーローテーションも重要。あの手この手でヒットに持ち込みましょう!

カツオは、群れによってルアーへの反応が極端に違う魚です。良い所へキャストできれば、どんなルアーでもヒットする群れもあれば、何をやってもヒットしてくれない群れもあります。

こういった場合に、諦めてしまう釣り人も多いかと思いますが、実はパターンを掴めばヒットに持ち込める場合も多いです。せっかくのチャンス、諦めてしまう前にあれこれ試してみるのはいかがでしょう。

おすすめ記事

注目記事

MOVIE

TOP