カツオキャスティングロッドおすすめ8選!

キャスティング

カツオキャスティングに用いるおすすめロッドを価格帯ごとの7選紹介してきます。カツオキャスティングロッドの基本的な選び方や、チェックポイントについてもあわせて解説していきます。これからカツオキャスティングに挑戦したい方はもちろん、すでにカツオキャスティングを楽しまれている方も、次のロッドを選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。

本記事ではアフィリエイトプラグラムを利用しています。

この記事を作った人ヤップ!編集部
ヤップ!でオフショア情報を発信する人たち。編集長の大川直を中心にそれぞれに得意な分野について執筆&撮影して投稿。信頼できる情報を分かりやすく伝える! をモットーに活動中。

カツオキャスティングロッドについての考え方とは

カツオキャスティングでは、一般的にPE2号から4号程度のラインを使い、シンキングペンシルやメタルジグなどのルアーを用いてカツオを狙います。

専用ロッドの使用が理想ですが、青物用やマグロ用のライトなものの流用でも十分に楽しむことができます。普段メインでやっている釣り物や、これから挑戦したい釣り物なども考慮し、賢くカツオキャスティングロッドを選びましょう。

カツオキャスティング用ロッドの長さは釣り船の形態で決める

カツオキャスティングロッドの長さを決める際には、まず釣行する釣り船の形態を考慮する必要があります。

大型船の乗合いでの釣行がメインであれば、7ft代の取り回しが良い短めのロッド。チャーター船や、小型ボートで少人数での釣りがメインであれば、より飛距離が出しやすい8ftクラスのロッドがおすすめです。

カツオキャスティングは飛距離が命。キャスティング性能とトラブルレスを重視する

届く人は釣れる、届かない人は釣れない。そんな状況が多いのがカツオキャスティングの特徴。ロッドだけで飛距離が出せるわけではありませんが、重要な役割を果たすことは確かです。

しっかり飛距離が出せるシャープさや反発力があるか? ライントラブルなどが起きにくいガイドセッティングになっているか? など、飛距離を出せて快適に投げられるすための要素をよくチェックしましょう。

カツオキャスティング用ロッドのグリップは長めが楽

ハイシーズンのカツオキャスティング乗合い船では、通常かなりの混雑が予想されます。ここでマストになるテクニックのひとつが、アンダーハンドキャスト。

このアンダーハンドキャストの精度を安定させるために、グリップエンドが長めのものを選ぶというのも大切になってきます。メインの釣行が乗合いという釣り人であれば、グリップエンドの長さも考慮して選ぶのがおすすめです。

他の釣り用のロッドを流用することも視野に入れて費用節約

海域によっても違いますが、カツオキャスティングが楽しめるシーズンはそう長くない場合がほとんどです。地域によっては毎年必ず楽しめるわけではなく、カツオの回遊次第ということも珍しくありません。そのため他の釣り物用のロッドを流用して費用を節約するという考え方もアリ、です。

マグロ用や青物用のライトタックル、シイラタックル、強めのサワラタックルなどが流用しやすいので、メインの釣り物との兼ね合いも考えてタックルを選ぶのも良いでしょう。

カツオキャスティングロッドおすすめロッド8選

ロープライスモデル

ダイワ/アウトレイジBR C80-3

PE3号、60g程度の小型メタルジグをキャストするのに最適なモデル。レングスは8ftジャストと絶妙なので、胴の間からのアンダーハンドキャスト、足場が高いミヨシからの釣りと、どちらも無難にこなせるロッドです。

シマノ/グラップラーBB タイプC S73ML

7ft3incと少し短めのレングスで、混雑時の取り回しが非常によいロッドです。PE3号、適合ルアーウェイトは80gまで使用できるので、不意の大物や10kg程度までのキメジにも難なく対応できる仕様になっています。8ftクラスのロッドと使い分けるのもおすすめです。

パームス/シーラプチャーSTGS-76ML

PE1.5号から3号、60gまでのルアーを扱えるカツオキャスティングに最適なスペックのロッドです。7ft6incのレングスは、混雑時でも取り回しが良いので乗合い派の釣り人にもおすすめです。変則2ピースで持ち運びにも便利なモデルです。

ゼニス/カレントラインキャスティズムCC-78M

7ft8incのレングスでPE2号から4号対応の汎用性が高いロッド。大型のカツオ、キメジクラスにも楽々対応できるパワーがあるので、青物用ライトタックルとして流用するのもおすすめです。1本であれこれ使いたい釣り人には嬉しいロッドでしょう。

アブガルシア/オーシャンフィールドOFOS-78M

最安クラスの価格に必要最低限の性能を搭載したお値打ちロッドです。レングスは7ft8incとやや長めなので、胴の間はもちろん、足場が高い釣り座でも対応できるモデルになっています。とにかく安くタックルを揃えたい釣り人や、予備ロッドとしての購入を考えている方にもおすすめです。

ハイプライスモデル

ヤマガブランクス/ブルースナイパーボートキャスティング81/2

8ft1incとやや長めのレングスが絶妙に使いやすい、カツオキャスティング特化ロッドです。2パワーでありながら、バット部分はしっかりパワーがあるロッドなので、青物のスモールベイトパターンなどにも流用しやすいモデルです。小型ボートやチャーター船がメインの釣り人にはとくにおすすめ。

テンリュウ/スパイク SK722S-ML(Bonito)

老舗ロッドメーカー発のカツオ専用モデルです。7ft2incのやや短めの設定で、混雑時の乗合船でも抜群の取り回しの良さを誇るロッドです。80gまでのルアーを使用することができるので、小型メタルジグからトップウォータープラグまで幅広く使用できるのも魅力です。

シマノ/オシアプラッガーライトコンセプトシリーズ

その名の通りライトなキャスティングターゲットに照準を合わせたシリーズ。S76L、S83L、S76ML、S83MLのラインナップはいずれもカツオキャスティングにピッタリ。よく乗る船やシチュエーションにあわせて選択可能です。飛距離、操作性、トラブルレス、パワー。すべてが高次元に実現されている至高のアイテム群。サンライズ船長、田代誠一郎さんのカツオ愛が形になったロッドという噂もあり。

まとめ 釣行するタイミングを考えて万全の準備を

カツオキャスティングは、釣行するタイミングが非常に大切な釣りです。ハイシーズンともなれば、多くの釣り人が集結、満船になることも珍しくありません。

多くのライバルがいるなかで満足のいく釣果を出すためには、やはり事前にしっかりと作戦を立てておくことも重要になります。いざナブラが沸いたらすぐキャストできる体制を整え、正確なキャストを決めることが大切。そのためにもタックルは万全にしておきたいものです。

今回紹介したロッドを参考に、ロッドレングスや釣り座に合わせた作戦をたて、カツオキャスティングをより楽しんでみてください。

おすすめ記事

注目記事

MOVIE

TOP