キハダキャスティングロッドおすすめ7選

キャスティング

キハダキャスティングに用いるロッドの基本的な選び方とおすすめ機種7選を価格帯別に紹介していきます。これからキハダキャスティングに挑戦する!という方はもちろん、2本目3本目のロッドを探しているという方の参考にもなるよう、海域や状況ごとの選び方も合わせて解説します。ぜひ今後のロッド選びの参考にしてみてください。

本記事ではアフィリエイトプラグラムを利用しています。

この記事を作った人ヤップ!編集部
ヤップ!でオフショア情報を発信する人たち。編集長の大川直を中心にそれぞれに得意な分野について執筆&撮影して投稿。信頼できる情報を分かりやすく伝える! をモットーに活動中。

キハダキャスティングではまずターゲット情報を集める

ひとくちにキハダキャスティングと言っても、狙うキハダのサイズや、「ナブラ打ち」と「誘い出し」どちらがメインになるのかという点で、ロッド選びの方向性は大きく変わってきます。最大で40kg程度までのキハダを狙うのであれば、PE4号から6号タックル程度で十分ですが、70kg、80kgの大型を狙うとなればより強いタックルが必要になります。また、ナブラ打ちと誘い出しとでは、最適なロッドも若干違います。まずは釣行する海域のキハダの情報を出来るだけ多く集め、それに適したロッド選びが必要になります。

キハダキャスティング用ロッドはやや長めのセレクトもあり

オフショアキャスティング用のロッドは、8ft代のロッドのラインナップが多い傾向があります。もちろん8ft代のものから選べば間違いないのですが、最近のキハダキャスティングにおいては8ft後半クラスのやや長めのロッドが人気です。少し長めのロッドは扱いがやや難しくなりますが、その分飛距離とルアー操作においてアドバンテージがあります。扱えることが前提にはなりますが、やや長めのロッドを選んでみるのも面白いでしょう。

キハダキャスティング用ロッドのパワーはキハダの平均サイズに合わせる

ロッドのパワーは、釣行するアベレージキハダのサイズに合わせるようにすると良いでしょう。具体的には、20から30kg程度のキハダがメインなのであれば4号または5号程度、40から50kg程度であれば5号または6号程度、60kg以上のキハダを狙うのであれば8号以上のパワー表記のロッドが適しています。また船によってはラインの号数を指定している場合もあるので、その場合は指定された号数に適したロッドを選びましょう。

誘い出しかナブラ打ちかでロッドを使い分ける

必ずしも使い分ける必要はありませんが、誘い出しとナブラ打ちでもロッドを使い分けることで、さらに有利に釣りを組み立てることができます。一般的には、シャキッとして張りがあるようなロッドはキャスト性能が高く、ナブラ打ち向き。穂先部分がしなやかなロッドはルアーを綺麗に動かしやすいので、誘い出し向きと言えるでしょう。ちょうど中間的なバランスのロッドを揃えるのも良いですが、どちらかに偏ったロッドを2本以上使い分けることで、よりシステマチックなゲーム展開をすることもできます。

キハダキャスティング用ロッドおすすめ7選

エントリーモデル

シマノ グラップラーBBタイプC S82MH

大手メーカー発のエントリーグレードロッド。廉価モデルとはいえかなり本格的で、中級者以上でも満足できるロッドです。張りはやや強めで、キャスト性能が高いロッドです。これから始めたいという人や、予備ロッドとして考えている人にもおすすめの1本です。

ダイワ アウトレイジBR C81-5

PE5号までを使用した、ライト思考な釣り人におすすめのエントリーモデル。140mm程度から、細身の190mm、90g程度までのルアーを扱いやすいロッドです。しなやかなロッドなので、ルアー操作がやりやすいのが特徴。太糸に慣れていない釣り人や、女性の釣り人にもおすすめです。

ゼニス カレントラインキャスティズム CC-85MH

PE6号までの使用を想定したややライトなキハダキャスティングロッドの高コスパモデル。定価30,000円以下とお求めやすい価格ながら、キハダキャスティングに必要十分なスペックを搭載したロッドです。この価格帯では珍しい8ft5incという、やや長めのレングスでキャスト性能も期待できる1本です。

メジャークラフト 3代目クロステージ CRXC-86TUNA

言わずと知れた高コスパ釣具メーカーのマグロ専用ロッド。マグロキャスティングロッドの中では最安級の価格と、本格的な仕様が魅力のロッドです。PE5号程度までを使用した小型のキハダ狙いや、予備ロッドとして購入したい、という方におすすめです。

ハイエンドモデル

シマノ オシアプラッガーリミテッドS88H

PE8号までを使用した、遠投に特化したハイエンドモデル。シリーズ最長の8ft8incの高反発ブランクスにリバースガイドを搭載しており、他を寄せ付けないキャスト性能を持つロッドです。飛距離が重視される場面ではとくにおすすめのロッドです。

ヤマガブランクス ブルースナイパー81/8ブラッキー

40g程度の小型ルアーから、120g程度のルアーまでオールマイティに扱いやすい万能ロッド。粘り強いブランクスは、ロッドを70度立てた状態で10kgのドラグをかけることができます。ファイト時の釣り人の負担が軽減される設計のロッドなので、ファイト性能重視の釣り人におすすめです。

リップルフィッシャー ビッグツナ87AS

少し長めのレングスと、リバースガイド2箇所の搭載で抜群のキャスト性能を誇るマグロ専用モデル。ティップ部分は柔軟なので、ダイビングペンシルや小口径のポッパーが扱いやすいロッドです。リールは14000番、18000番ともに相性がいいので中型から大型のキハダまで幅広く活躍してくれるでしょう。

まとめ 憧れのキハダマグロを獲れる1本を選びましょう

釣り人なら誰もが憧れるであろう大型魚、キハダマグロ。そんな夢の大物を狙おうとするわけですから、ロッドもやわなものでは相手になりません。キャスト性能やファイト性能、また自身の体力とも相談しながら最高の1本を選び、キハダマグロキャスティングに挑戦してみましょう。

おすすめ記事

注目記事

MOVIE

TOP