キハダキャスティングリールおすすめ7選

キャスティング

キハダキャスティングにおけるおすすめリールを価格帯ごとに7選紹介していきます。キハダキャスティングリールの選び方の基準やチェックポイントについても合わせて解説していきます。これからキハダキャスティングを狙うぞ、という方はもちろん、すでに何度か挑戦したけれど釣果に繋がらずに悩んでいる方も、ぜひ今後のリール選びの参考にしてみてください。

本記事ではアフィリエイトプラグラムを利用しています。

この記事を作った人ヤップ!編集部
ヤップ!でオフショア情報を発信する人たち。編集長の大川直を中心にそれぞれに得意な分野について執筆&撮影して投稿。信頼できる情報を分かりやすく伝える! をモットーに活動中。

キハダキャスティング用リールは基本性能の高い中型スピニングがおすすめ

キハダマグロは大きいものだと80kgを超えるような大型魚で、その引きの強さも凄まじいものがあります。力づくで押さえ込むことは難しく、基本的には走らせて獲るといったファイトスタイルになります。このファイトを可能にするためには、ドラグ性能が高くラインキャパシティも多い、それでいて長期戦でも故障しないリールというのが理想です。またキャスト性能やルアー回収の速さ、扱いやすさなどを加味すると、現時点ではスピニングタックルに分があると言えるでしょう。

キハダキャスティング用リールでは十分なラインキャパシティが必要

すでに触れた通り、キハダキャスティングでのファイトスタイルは走らせることが基本になります。つまり、走らせても大丈夫な量のラインが必要になります。具体的には、最低300mは欲しいところ。PEラインの号数は、狙うキハダマグロのサイズによっても変わってきますが、最低でも4号が300m。大型を狙う場合であれば8号ラインが300m入るラインキャパシティを基準に考えておきましょう。

キハダキャスティング用リールではドラグ性能と耐久性もマスト

基本的には、極端な高ドラグをかけることは少ないキハダキャスティングですが、最低でも10kg程度までのドラグは掛からないとキャッチは難しいと考えて良いでしょう。また、一気にドラグを出されたことによって故障やトラブルを起こしてしまうようなどドラグの耐久性が低い機種もおすすめできません。きちんとしたドラグ性能があり、耐久性も重視しているソルトウォーター対応の高耐久なリールを選びましょう。

キハダキャスティングリールはアフターケアまで考えるとなお良し

キハダキャスティングはリールの故障などのトラブルが多い釣りです。30kgを軽く超えるような大型魚を相手にするわけですから、ドラグワッシャーやギアなど、リール内部の各パーツへの負担も大きくなります。壊れてしまった場合や、パーツ交換が必要な場合に備え、アフターケアまで視野に入れて選ぶのが良いでしょう。

キハダキャスティング用リールおすすめ7選

ロープライスモデル

シマノ ストラディックSW14000XG

国内大手釣具メーカーの高コスパソルトウォーターモデル。最大ドラグ値15kgと、キハダキャスティングにも十分な性能です。14000XGという番手は中型キハダマグロ相手でも問題なく使用できます。PE6号を300m巻き込むことが可能です。

ペン スラマーⅣ6500HS

堅牢なことで有名なアメリカの老舗メーカー製リール。PE5号を300m巻けるラインキャパシティに、最大ドラグ値18kgと、キハダキャスティングには十分な性能を持っています。40kg程度までのキハダマグロ狙いにおすすめです。

オクマ アゾレス10000P

高耐久、高コスパな台湾メーカー製の大物専用リール。PE6号が300m以上入るラインキャパシティと、最大20kgの高ドラグがかけられるので、中型程度のキハダマグロにも十分に対応できます。とにかく安価で手に入るので、サブリールとしてもおすすめです。

ミドルプライスモデル

シマノ ツインパワーSW14000XG

最上位機種と比べても遜色ないクオリティのシマノのミドルプライスモデル。スペック、使用感などどれをとってもほとんどの釣り人を満足させることができるリールと言えるでしょう。50kg前後までの中型のキハダマグロにとくにおすすめの機種です。

ダイワ セルテートSW18000-H

ダイワ製のミドルプライスモデル。ツインパワーSWにはない18000番サイズのラインナップがあるので、PE8号を使用した大型キハダマグロ狙いにも使用できる機種です。もちろん、14000-XHも完成度が高いリールなので、ダイワ派の釣り人はぜひ手に取ってみてください。

ハイプライスモデル

シマノ ステラSW18000HG

国内最高峰の高級リール。ラインキャパシティはPE8号300m、最大ドラグ値は28kgと、大型のキハダマグロにまで対応できるスペックです。別売りの20000番スプールと互換性があるので、PE10号も使用もできるのが嬉しいポイントです。

ダイワ ソルティガSW18000-H

国産リール2大巨塔の一角。スペック的にはステラSWとさほど変わりませんが、ドラグの効きに関してはこちらが強いとの意見も多いです。ハイドラグでの短時間ファイトが好みの方や、ダイワ派の釣り人にはとくにおすすめのリールです。

まとめ キハダキャスティングは大物釣り。心臓部のリールはしっかり選び抜きましょう

キハダキャスティングの心臓部は、リールと言っても過言ではないでしょう。それほど大切なリールですから、安易に選ぶことはせず、自身のこだわりポイントを設定して選ぶのがおすすめです。また、リールは精密機械なので、アフターケアも大切になります。使った後のメンテナンス、違和感があれば早めのオーバーホールを基本に、常に最高の状態でキハダキャスティングに挑戦しましょう。

おすすめ記事

注目記事

MOVIE

TOP