キハダキャスティング用おすすめPEライン7選

キャスティング

キハダキャスティング用PEラインの選び方とおすすめ銘柄を7選紹介していきます。キハダキャスティングに使用するPEラインの基本的な選び方や製品ごとの特徴、チェックポイントについても併せて解説していきます。これからキハダキャスティングに挑戦したい方はもちろん、すでにPEラインが原因で悔しい思いをしているという方も、ぜひ今後の参考にしてみてください。

本記事ではアフィリエイトプラグラムを利用しています。

この記事を作った人ヤップ!編集部
ヤップ!でオフショア情報を発信する人たち。編集長の大川直を中心にそれぞれに得意な分野について執筆&撮影して投稿。信頼できる情報を分かりやすく伝える! をモットーに活動中。

キハダキャスティングではPEラインの性能がモノをいう

キハダキャスティングでは、PEラインの性能が釣果に大きな影響を及ぼします。キハダキャスティングでは、キャスト時の飛距離や精度が重視される上に、キハダマグロがヒットした際には長時間のファイトになることもあります。PEラインに求められる性能は、高強度はもちろん耐久性や耐熱性、滑りのよさなど多岐にわたります。少ないチャンスをものにするためにも、PEラインにはある程度の出費を覚悟するというのがキハダキャスティングで使用するPEラインを選ぶ際に大切な考え方になります。

キハダキャスティング用のPEラインの号数はターゲットのサイズに合わせる

キハダマグロのサイズは海域や季節によって大きく異なります。PEラインの号数はターゲットのサイズに合わせるのが鉄則です。具体的には30kg前後のキハダであればPE4号から6号程度、50kg以上がメインになるのであればPE6号から8号程度のPEラインを使用するのが一般的です。船長によっては使用するPEライン号数を指定している場合があるので、その場合は指示に従ってください。

キハダキャスティング用PEラインの長さは300m以上が基本

キハダマグロとのファイトは、ドラグをかけすぎずに「走らせて獲る」というスタイルが一般的。大型になると100m以上もラインを出していく場合があるので、PEラインは最低でも300m以上巻いておくことをおすすめします。また、スプールから引き出されるスピードも速いので、摩擦熱によってPEラインが劣化することもあります。より大型を狙う場合は、耐熱性の高い製品を選んでおくと安心です。

ミドルプライスのPEラインを高頻度で巻き替えるのも一手

キハダキャスティングでは、そのファイトスタイルの特性から高級PEラインでも1回のファイトで使用不能になってしまう場合があります。そこで節約術のひとつとして、ランクを下げたPEラインを高頻度で交換して使用するというのもおすすめです。基本的には高級PEラインに比べ耐久性が劣るミドルプライスのPEラインも、新品状態であれば十分な性能である場合も多いです。いきなり高価なPEラインには手が届かないという場合は、まずはミドルプライスのPEラインから始めてみるというのも良いでしょう。

キハダキャスティング用おすすめPEライン7選

ミドルプライスモデル

バリバス アバニ キャスティングPE マックスパワーX8

視認性に優れたホワイトカラーのオフショアキャスティング専用PEライン。大型プラグの連続キャストや、長時間のファイトにも対応できる耐久性が魅力の製品です。4号以上は400mのラインナップもあるので、大型狙いの場合はそちらもおすすめ。

エックスブレイド オムニウムX8アップグレード

しなやかで扱いやすいのが特徴の船専用PEライン。キャスティング専用ラインではないものの、しなやかで高強度なラインなのでキハダキャスティングにも相性抜群。100m単位で購入することもできるので、400m、500mと長く巻きたい場合にもおすすめです。

ハイプライスモデル

バリバス キャスティングPE SMP言わずと知れた高級キャスティングPEラインの代名詞的存在。強度・耐久性ともに最高クラスのPEラインで、多くの釣り人に支持されている人気の製品です。糸絡みなどのトラブルも少ないので、初心者にもぜひ使ってもらいたいPEラインです。

バリバス アバニ キャスティングPE Si-X

マグロキャスティングの第一人者である佐藤偉知郎氏が監修を務めたマグロキャスティング専用PEライン。素材には特殊耐熱材Si-Xが採用されていて、長時間ファイトにおいて圧倒的なアドバンテージを誇る製品。モンスタークラスにも対応可能です。

エックスブレイド ロンフォートオッズポートWXP1 8

高強度な中芯が入った、少し変わったPEラインです。ラインの表面が毛羽立っても中芯に傷が付かない限りは強度が低下しにくい構造になっていて、安心して高負荷ファイトができる製品です。こちらも、大型狙いにはとくにおすすめ。

エックスブレイド フルドラグX8

抜群の飛距離と繊細なルアー操作がしやすい、しなやかなPEライン。扱いやすさはもちろん、長時間ファイトにおいてもライン痩せしづらい設計なので、ファイト時も安心してドラグをかけられるのが特徴です。他銘柄と比べやや価格は抑え気味なので、高級PEライン初心者にもおすすめです。

シマノ オシア8

大手メーカー発の高性能PEライン。タフクロス2という工法が用いられていて、表面の平滑性や直線強度が高められた製品です。4号以上にはヒートシンクコーティングが施されているので、大型キハダとの長時間ファイトにも安心な仕様です。

まとめ キハダキャスティング用PEライン選びで妥協は禁物

キハダキャスティングで釣果を出すためには、とにかくタックルに妥協しないことが大切です。ロッドやリールはもちろん、それ以上にPEラインは釣果に大きく影響します。決して多くはないチャンスをものにできるよう、PEラインへの投資は惜しまず、妥協のないタックルセッティングで夢の大物に挑戦してみてください。

おすすめ記事

注目記事

MOVIE

TOP