タチウオジギングロッドおすすめ10選

ジギング

タチウオジギングで使うロッドはどんなモノが適しているのでしょうか。タチウオジギングロッドの汎用性の高さや使いやすい長さなど、求められる性能と、購入の際のチェックポイントを探ってみましょう。

本記事ではアフィリエイトプラグラムを利用しています。

この記事を作った人ヤップ!編集部
ヤップ!でオフショア情報を発信する人たち。編集長の大川直を中心にそれぞれに得意な分野について執筆&撮影して投稿。信頼できる情報を分かりやすく伝える! をモットーに活動中。

タチウオジギングロッドの基本はライトジギングロッド

ジギングは一般的なジギングのほか、ライトジギング、スーパーライトジギング、スロージギングなどいろいろなジャンルに細分化されており、それぞれに適したロッドが存在します。タチウオジギングにはそのいずれも使うことが可能ですが、よりフィットするのはライトジギング用のベイトロッドです。ライトジギングロッドとは、その名の通りライトなジギングを想定した軽快さが持ち味。タチウオ専用設計のモデルもありますので、ロッドを探す際はこのジャンルを前提にすると良いでしょう。

タチウオジギング用ロッドの長さは6~7ftがおすすめ

ジギングロッドは5ft~8ftまでいろいろな長さのものが市販されていますが、タチウオジギングで使いやすいのは6~7ftのレングスです。

それより短いものでもジグをシャクるのには問題ありませんが、タチウオの乗合船は平均的に大型船が多く、船べりから海面まではそれなりに高さがあるため、極端に短いものは避けたほうが無難です。

逆に長いロッドは特殊なケースでそのリーチが生きてきますが、オールマイティに使おうと思うと、重さや取り回しの悪さがデメリットになることもあります。

ライトジギングらしい小技を駆使する意味でも、6~7ftのロッドを選んでおけば無難と言えます。

タチウオジギングでは強すぎるロッドよりも弱いくらいがベター

エリアや季節によって多少違いはありますが、タチウオジギングで多用するジグウェイトはおおむね60g~200gといったところ。ゆえにロッドを選ぶ際は、そのウェイトを扱うことのできるパワーを基準にします。

タチウオジギングの場合は、適合ジグウェイトより実際のジグウェイトのほうが重いくらいでもOKです。次の項目とも重複しますが、タチウオジギングの誘いはタダ巻きやスローなワンピッチなど抑え気味のアクションがメイン。そのため反発力が過剰なものより若干弱いくらいのほうが使いやすいからです。

想定されるジグウェイトに対して、パワー的に余裕のあるモデルとそうでないモデルで迷ったら、後者を選ぶことをおすすめします。

タチウオジギングロッドは高反発系よりも低反発系が使いやすい

前項とダブりますが、タチウオジギングではジグを勢いよく飛ばすようなパターンはあまりなく、ゆったりした誘いが中心になります。そのためレスポンスを重視した高反発系のロッドよりも、追従性のある低反発系のロッドが向いています

青物狙いと併用するなら高反発系もアリですが、その場合はあえて適合ジグ表示よりも重いジグを使って反発力を抑えてみるのも手ですね。

チューブラーとソリッドの違いを考えよう

ロッドのブランクスの形状には、チューブラー、フルソリッド、ソリッドティップ(ティップ以外はチューブラー)などがあります

それぞれの特徴を大まかにまとめると、中空素材のチューブラーは軽さ・感度・反発力を兼備したオールラウンドな性能が持ち味。フルソリッドはしなやかさや柔軟性に優れるためアタリを弾かず、ヒット後も竿を満月のように曲げたファイトを楽しむことが可能です。ソリッドティップは両方のイイトコドリで、ジグ操作のしやすさと喰い込みの良さを兼備。素材は多くがカーボン製ですが、ティップ部だけ金属を使用したメタルトップもあり、わずかなバイトも捉える感度が秀逸です。

どれが一番ということではないので、上記の特徴を考慮し、自分の釣りスタイルや好みに合わせて選んでください。

タチウオジギングロッド おすすめ10選

ロープライスモデル

ダイワ/鏡牙X 63B-2

求めやすい価格でありながら、鏡牙ブランドの名を冠した実力派のロッド。ブランクスにはブレーディングX搭載でネジレを抑えるなどしっかりした操作感にこだわり、入門者でも安心して扱えます。携帯性に配慮したセンターカットの2ピース仕様も注目点です。ここでおすすめする63B-2のほかにも2アイテムがラインナップされています。

メジャークラフト/ジャイアントキリング1G GK1SLJ-B64UL/TJ

メジャークラフトのオフショア専用ブランドであるジャイアントキリングのなかでも、とくにコストパフォーマンスに優れているのが1Gシリーズ。特徴は中弾性カーボンをメインに使ったローレスポンス設計で、アングラーの体力的負担の軽減を図っています。GK1SLJ-B64UL/TJは、末尾のTJが示す通りタチウオジギング専用モデル。レギュラーファストのアクションはクセもなく、近海を気軽に楽しむにはうってつけのアイテムです。

シマノ/サーベルチューンBB B66ML

エントリーモデルとして人気のあるBBシリーズのタチウオ専用モデル。中弾性カーボンのブランクスをハイパワーXで強化したシャフトは軟らかさと芯の強さを両立しています。アイテムはすべて66レングスでパワーの異なる4機種を展開。そのなかでMLモデルは汎用性の高さが魅力です。

テイルウォーク/L-ジギーズSSD C632

テイルウォークから発売されているL-ジギーズは、ライトジギングやスーパーライトジギングを幅広くカバーするスタンダードなジギングロッド。ライトジギングの軽快な釣趣を実感する軽量設計で、操作性やコストパフォーマンス、携帯性など現代のアングラーのニーズを反映しています。C632以外にもタチウオジギングに適応するアイテムが多数あるので、納得の1本を探してみてください。

ミドルプライスモデル

シマノ/グラップラーLJ B63-1

世界基準を謳うハイレベルな性能を備え、近海のライトジギングをくまなくカバーするグラップラーシリーズ。タチウオジギングには0パワー、1パワー、2パワーが適していますが、そのなかで1本おすすめするならB63-1。100m前後の海域を中心に、それほど重くないジグを使ったテクニカルなゲームに向いています。タチウオ以外のターゲットにも使いやすいスペックです。

パームス/メタルウィッチクエストα MTTC-632T

人気のメタルウィッチからは、タチウオ専用に設計されたT-スペックモデルMTTC-632Tをご紹介しましょう。6ft3incのレングス、150gまでのジグを操る2パワー、PEラインは0.6号~1.5号に適合と、近海のタチウオジギングに求められる要素を満載。パームスらしい洗練されたルックスもそそります。ジョイントは持ち運びの利便性を考慮したワン&ハーフの2ピース。ディープタチウオに向けたMTTC-633Tとともに注目したいアイテムです。

ダイワ/アウトレージLJ 63XHB-S

アウトレージLJは、ソルティガLJのコンセプトを引き継ぐハイレベルのライトジギングロッド。細身で強靭なブランクスはライトジギングに求められる要素を高い次元で備えています。63XHB-Sはソリッドティップ仕様のローレスポンスモデル。適合ジグウェイトはもちろんのこと、柔らかなジャーク性能と乗りの良いしなやかなティップはタチウオジギングにも最適です。

テンリュウ/ホライゾンLJ HLJ631B-FL

ますます進化・細分化が進むライトジギングを広くカバーするホライゾンLJ。近海のライトモデルとして人気の631B-FLは、水深100m、ジグウェイト80g前後のゲームを得意とするロッドです。リーリングジャークをはじめ、動きを抑えた誘いを駆使するタチウオジギングにベストマッチと言っても過言ではありません。湾内の浅場から湾口部のチョイ深場まで、広く探ってみたくなるアイテムです。

ハイプライスモデル

シマノ/オシアジガーLJ B62-1/FS

ジギングの基本であるジャーク性能にこだわって進化してきたオシアジガーLJは、チューブラーのスタンダードシリーズとフルソリッドシリーズを展開しています。タチウオジギングにおすすめするのはフルソリッドのB62-1FS。タチウオジギングで多用するジグウェイトにピッタリのパワーで、スローなワンピッチジャークやリーリングジャークを演出しやすくなっています。もちろん、シマノの先進テクノロジーが随所に生かされています。

ダイワ/鏡牙AIR 64B-MT

鏡牙シリーズの上位モデルとして、ブランクスやガイドなど各部に主要テクノロジーを惜しげもなく搭載した本格派。ラインナップは3アイテムで、スタイル別に磨き上げた個性が光っています。もちろんどのモデルもタチウオジギング専用ロッドとして幅広いシチュエーションに対応します。ここではメタルトップのモデルをおすすめしていますが、ショートモデルやスリルゲームモデルもぜひチェックしておきたいですね。

まとめ タチウオジギングロッドは強すぎず、反発しすぎない1本を選ぼう

タチウオジギングはいわゆるライトジギング、またはスーパーライトジギングのカテゴリーに分類される釣りですが、その誘いは総じて抑え目。激しいアクションを主体とした一般的なジギングとは一線を画しています。

ロッドを選ぶ際はそんなことを念頭に置き、強すぎないパワー、反発しすぎない調子のものを選ぶと良いでしょう。

タチウオジギング専用モデルをはじめライトジギング用のロッドのなかに使い勝手の良い製品がたくさんあるので、多用するジグウェイトに合わせてよりオールマイティな1本を探してください。

おすすめ記事

注目記事

MOVIE

TOP