タチウオジギングフックおすすめ10選

ジギング

タチウオジギングでのフックセッティングはさまざまです。があります。フロント、リアで異なるセッティングだったり、使用するフックもシングルだったりトリプルだったりと本当に多種多様。実はここが一番の悩みどころ・・・という人も多いのではないでしょうか。ここではそんなタチウオ用フックを考察。いったいどんなフックをどんなシステムで使うのが正解なのか検証。フック選びの参考になれば幸いです。

本記事ではアフィリエイトプラグラムを利用しています。

この記事を作った人ヤップ!編集部
ヤップ!でオフショア情報を発信する人たち。編集長の大川直を中心にそれぞれに得意な分野について執筆&撮影して投稿。信頼できる情報を分かりやすく伝える! をモットーに活動中。

タチウオジギングでのフックセッティングは多種多彩

タチウオジギングではフロントだけ、フロンロとリア、リアだけなど、フックセッティングのパターンが多く、フック自体もシングル、トリプル、フォース、ブレードフックと多岐にわたります。

どれが良いのか迷ってしまいますが、そんなときは基本に戻るのが一番。ここでは前後にフックをセットするパターンを前提に、各種フックの特徴を検証します。

フロントフックはシングルのアシストタイプかトリプルが基本

フロントにセットするフック、慣れないうちは扱いが楽なアシストフック、根付糸(アシストライン)を介したシングルフックがおすすめです。フックとジグをつなぐ根付糸にはタチウオの歯を想定してワイヤーなどの中芯が入ったものも多いので、合わせてチェックしてみると良いでしょう。

フロントにトリプルフックをセットするのも人気です。この場合はスイベルやスプリットリングを組み合わせてセットするとタチウオの歯によるブレイクにも安心です。使用するトリプルフックはリアのトリプルフックよりもワンサイズ小さくするのが基本です。

タチウオジギング用のリアフックは多種多様

リアフックは後方からジグに絡みついてくるタチウオを確実に掛けていくと同時に、フォールバイトを取りやすいメリットがあります。また、ヒット後のタチウオの歯をリーダーから遠ざける効果もあるため、頻繁にラインブレイクが起きるときはリアフックのみを試してみるのも手です。

リアにセットするフックはシングル、トリプル、フォース、ブレードフックなど様々。ただしハリの本数が増えるほど抵抗も増え、ジグアクションは出しにくくなります。ジグの泳ぎを優先したいときはシンプルなフックを選びましょう。

タチウオジギング用フックでは、その形状も要チェック

シングルフックの場合はフックの形状にも注目してください。とくに軸の長さと線径は要チェックです。

タチウオ用として各メーカーから市販されているフックは総じて細軸のロングシャンク。つまり、それがタチウオゲームに合っているということですね。

そうした専用フックなら間違いありませんが、そうでない場合もそれに近い形状のものを選ぶと良いでしょう。

タチウオジギング用フックではバーブレス仕様が基本

細軸仕様と同様、バーブレスもタチウオ専用フックの重要なファクターですね。バーブレスにする理由は刺さりの良さと手返し。カエシがないぶんスムーズに刺さるため、口の周りが硬いタチウオにはとくに効果的と言えます。

バーブレスはバレやすい? いやいや、糸を緩めない限り簡単にはバレませんし、刺さりが良いというメリットはきっとそれを上回りますよ。

タチウオ用フックのサイズのセレクトは?

タチウオジギング用のフックサイズのセレクトは悩みどころのひとつ。ジグの長さや太さに応じたものを選ぶ、というのが基本中の基本です。フックがジグに抱き着いたり、前後のフックが絡んだりするトラブルを避けることを第一に考えましょう。

シングルやトリプル、フォースなどフックポイントの数を問わず、タチウオジギング専用として販売されているフックでは、S、M、Lといったサイズ指定があるものが多いので、自分が使うジグを想定してサイズを選びます。

汎用のフックを使う場合は、少々の慣れが必要です。シングルフックはメーカーによってサイズが異なるので、これもジグサイズを基本に想定したり、試行錯誤したりが必要。トリプルフックは比較的サイズが共通しているので、リアが2番から2/0程度、フロントはこれよりワンサイズ小さいものをセットするとよいでしょう。

また、大型のタチウオが多い場合にはなるべく大きいフックを使用するのがおすすめ。伸ばされたり、折られたりするトラブルを防止できるので、キャッチ率アップが期待できます。

タチウオジギングフックおすすめ10選

シングル&ダブル

メジャークラフト/タチジギ道場アシストフック

刺さりの良いオリジナル形状の日本製フックを2本合わせた専用フック。同じ長さで抱き合わせたデュアルタイプと、地獄針仕様のタンデムタイプがあり、それぞれにM・L・LLの3サイズを展開しています。

ダイワ/鏡牙フックSS ツインアシスト

ショートシャンク&ストレートポイントで刺さりの良い、サクサス仕様のタチウオ専用アシストフック。バーブレスで手返しがよく、バラシにも強い設計。根付にはワイヤーを使用しています。サイズは1/0、2/0、3/0の3種類。ツインのほかにチラシアシストもあるので合わせてチェックしてみてください。

オーナー/カルティバ 太刀ダブチョウ

シングルフックを背中合わせにしたユニークな形状のフック。潮の抵抗を極力抑えた形状はジグの動きを邪魔せず、プレッシャーも軽減しています。サイズは3/0と5/0の2種類で、それぞれにワイヤー長の異なるSとLを展開。フロントをロング、リアをショートにするなど自在にセッティングできる点もうれしいですね。

がまかつ/アシストフック サーベルダブル

両掛け鈎をタチウオジギング用にチューンした専用フック。瞬時に刺さるバーブレス仕様とバラシの少ないワイドギャップ&ラウンド形状で、タチウオを確実に仕留めます。ダブル(ショート、ロング)のほか4本鈎のフォースもあり、バイトの状況に合わせて使い分けることが可能です。

シャウト! /サーベルアシスト

タチウオジギングにこだわった鋭利で強靭なサーベルフックを採用。根付糸は張りのあるワイヤーをナイロンでコートし、バイトマーカーを兼ねた夜光チューブが結び目を保護しています。アイテムは根付の長さが両揃えのショートタイプ、段差のミドルタイプ、ロングタイプの3種類。それぞれにS・M・Lの3サイズがあり、タチウオの活性やジグサイズに合わせて選択が可能です。

トリプル&フォースフック

メジャークラフト/タチジギ道場4本鈎

フッキングを重視した日本製オリジナルフックを採用。シャンクの根元は夜光仕様になっており、ディープレンジでのアピールが期待できます。

ダイワ/鏡牙フックSS バラシレストレブル

センター軸にスイベルを入れたバラシレスシステムで、タチウオが体をくねらせても外れにくい設計。もちろんフックはサクサス仕様のバーブレスで刺さりも抜群です。4本針仕様のクワトロもあり、フロント用フックとしておすすめです。

オーナー/カルティバ ワイヤーコア太刀3本

カルティバのワイヤーコア太刀は、口掛けを狙ったタチウオ専用のリアフック。バーブレスで貫通性能が高く、組糸にはしなやかなワイヤーが内蔵されているため鋭い歯で噛まれても心配ありません。

ジャッカル/アンチョビタチウオフック

タチウオジギング専用に開発された4本針のバーブレスフック。フッ素コートで刺さりがよく、フロント・リアどちらにも使えます。もちろん強度も申し分なし。タチウオのサイズやジグとのバランスを考慮してSS・S・M・Lの4サイズが設定されています。

シャウト! /サーベルクアッドアシスト

クアッドの名の通り、4本針仕様のタチウオ専用アシストフック。根付にあたる部分は金属パーツで接続し、絡みやトラブルを防止するためシュリンクチューブでコートしています。サイズはS・M・L・LLの4アイテム。

まとめ タチウオジギング用フックは専用のものを選ぶと安心・確実

タチウオジギングのフックはシングル、トリプルなどのスタイル以外にも、フロント、リアなどセッティングがいろいろ。

幸いなことに、人気のタチウオジギングでは各メーカーから専用フックが多数市販されています。その共通点は細軸・バーブレス。ハリ形状は丸型よりも細長いものが主流。フックだけでなく、根付にもワイヤーが入っていたりして強度的にも安心ですね。

ベストなフックを選んで良い釣りを楽しんでください。

おすすめ記事

注目記事

MOVIE

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. 1

    【キハダキャスティング】キハダマグロを釣るためのタックルから釣り方までの完全バイブル

  2. 2

    【マグロキャスティング】SOULS佐藤偉知郎さんに訊く!スイベル&スプリットリングの重要性

  3. 3

    カツオキャスティングロッドおすすめ8選!

  4. 4

    【タイラバ】リーダーの長さや号数はどのくらい? その役割、重要性とは?

  5. 5

    【スーパーライトジギング(SLJ)】ロッド、リール&ライン! 最初に揃えたいタックルとは?

TOP
CLOSE