【タチウオジギング】フックの選び方とセッティング術

初心者

ジギングのフックセッティングは魚種によってさまざま。タチウオジギングにも多様なシステムが存在します。効果的に使い分けるためそれぞれの特徴を知っておきましょう。

この記事を書いた人高橋大河(たかはし・たいが)
1980年代より釣り雑誌、釣り具メーカーに関わる各種メディアで活動するフリーライター。専門は淡水・海水のルアーフィッシング。入門向けからマニアックな記事まで幅広く執筆する。雑誌「ソルトワールド」元編集長。「ルアーフィッシングをはじめよう」(山海堂)ほか著書多数。

前後にトリプルフックをセットするのが東京湾の定番スタイル。フィールドによっても人気のセッティングは異なる。

タチウオジギングではフックはジグの前? それとも後ろに付ける?

この記事のテーマは「タチウオジギングのフック」ですが、フックの種類を検証する前に、まずは一般的なジギングのフックセッティングをおさらいしておきましょう。

通常、ジギングではアシストフックと呼ばれるシングルフックをジグのヘッド側、すなわちフロントにセットするのが一般的です。

フックの数は1本だったり、2本だったりといろいろですが、リア(テール)側にはフックを付けないケースも多く見られます。

理由のひとつは不要だから。青物狙いなどではとくにこの理由は大きいようです。リアのフックをなくすことで、リーダーとリアフックが絡むトラブル、テーリング(エビ)を避けることもできます。

ほかにもリア側にフックの抵抗が加わるとジグの動きが悪くなるからという理由もあります。ジグをシャープに動かして誘いたいときは、フロントのみにフックをセッティングするアングラーが多いようです。

あえてフロントとリア両方にフックをセットするのは、比較的スローなジグアクションを多用する場合です。

ジグの動きにキレを求めないので、リアフックの抵抗は問題になりません。

また、フロントフックはジグがフォールしている間はバンザイをする形でジグから離れてしまうため、フォール中のヒットが多いとフッキング率が低くなります。

そんなときは、フォール中はジグのボディに沿う形となるリアフックをセットすると効果的です。

ほかにも魚の活性が低いケースで、より確実なフッキングを狙って前後にセッティングすることもあります。

逆にリアだけにフックをセットするケースは多くありませんが、このセッティングが有効なこともあります。

タチウオジギングの場合はジグ操作が比較的スローで、激しい動きはほぼ不要。フォーリングでのバイトが多く、ミスバイトも頻発する・・・という特徴から、フロントとリア両方にセットするほうが確実にフッキングできると言えます。

もちろんフロントのみのセッティングでもかまいませんが、タチウオの歯とリーダーが近くなるため、ラインブレイクのリスクが高まるという考え方もあります。

その対策も含め、タチウオジギングのフックセレクトを検証してみましょう。

フロントにシングル、リアにトリプルというセッティングも定番パターンのひとつ。

タチウオジギング専用フックにはシングルからフォースまである

タチウオジギングには「タチウオ専用」「サーベル仕様」などと謳った、この釣りに特化した製品も多くリリースされています。

専用商品は総じて細軸で、バーブレスまたは極小のバーブが付いたものが大半です。

口が堅くスレ掛かりも多発するタチウオジギングにおいて、刺さりやすさを追求した形と言えるでしょう。

もちろん一般的なジギングフックも使えますが、迷ったら専用のフックを選んでおけば間違いないでしょう。

シングルタイプは最もシンプルかつ万能で、アシストフックとしてフロントに装着するほか、スプリットリングやスイベルを介してリアにセットされることもよくあります。

アシストフックとして使用する場合はアシストライン(根付糸)にワイヤーを使ったものを使ったりして耐久性を向上させるのも有効です。

トリプルフックは主にリアにセットされますが、アシストラインや連結タイプのスイベルなどを使ってフロントに装着されるケースもあります。

ハリ数が多いため、フッキングの確率は高くなります。フォースフック、クワトロフックなどと呼ばれる4本バリも同様です。

変わったところではブレードフックも人気があります。トリプルフックの後部にブレードが付いているためアピール力が高く、ジャークのほかタダ巻きでもバイトが期待できます。
食い渋りの状況や、タチウオがジグの動きを追いきれないときなどに試してみると良いでしょう。

スロージギングスタイルでは前後に2本ずつ、シングルフックをセットするのが定番だ。

フックのセットは食い方を考えて!

ここまで書いてきた通り、タチウオが後方からジグを追いかけて食い付くときやフォール中に腹部にバイトしてくるときはリアフックが有効です。

リーリング中にジグの頭部・腹部にアタックしてくることが多いときは、前後にフックを装着するとよりフッキング率を上げることができます。

前後にフックをセットするときに注意したいのは、それぞれのアシストライン(または接続金具)をフロントフックとリアフックが干渉しない長さに設定すること。

あまりに長いとジギング中にリーダーに絡んだり、前後が絡んだエビ状態になったりするので気を付けましょう。

タチウオが前後のどちらのフックにヒットしてくるかを、よく観察することが大切だ。

まとめ タチウオジギング用フックはバイトの状態を見極めて決定

タチウオジギングのフックセッティングはフロントのみ、フロントとリアなどいろいろなパターンがあります。

使用するフックもシングルからフォースまでさまざまです。

どれを選ぶかはタチウオの当たり方次第。フッキングの様子やジグに付く歯型をチェックし、最適な答えを探してください。

どのフックを選ぶにしても、細軸でバーブレス、または極小バーブ付きのものが基本です。

おすすめ記事

注目記事

MOVIE

TOP