【ヒラマサジギング】リーダーの基本と選び方のコツを解説

初心者

ここではヒラマサジギングでのリーダーの基本的な考え方と選び方のコツを解説します。
しっかりと基本を学んで、お好みのリーダーを選択しましょう。

この記事を作った人アッキー(おかもと あきひこ)
釣りブログ「OKABLOG」、YouTubeチャンネル「釣りだけして生きていく」の中の人。
得意な釣りは青物ジギング&キャスティング。外房ジギング遊漁船元スタッフ。

ヒラマサ狙いでヒット直後に頭をよぎるのは根ズレの危険性。リーダーの選択に大きく影響を及ぼす要素のひとつだ。

ヒラマサジギング用リーダーの基本的な考え方

ヒラマサジギングをしていると、よく聞く言葉があります。

そのひとつが「根ズレ(ねずれ)」。

ヒラマサは、浅場の岩礁帯、「根」や「瀬」と呼ばれるポイントに依存していることが多い魚です。
もちろんジギングで狙う場合も、基本的にはそういった岩礁帯の周りを狙います。

ですので、当然、魚が掛かって暴れた時に、その「根」に干渉してしまうというトラブルは避けて通れません。

つまり、これが「根ズレ」です。

現在多くの釣りで主流になっているPEライン。

ヒラマサジギングにおいても、このPEラインが主流になっています。
ご存知の方も多いかと思いますが、実はこのPEライン、非常に擦れに弱い釣り糸です。

たとえば、魚が掛かってピンと張っている状態で岩にでも擦れようものなら、瞬く間に切られてしまいます。

ですので、岩や障害物、魚体などに擦れてしまう部分に、「擦れに強い素材の糸」をセットすることで、弱点を補おうというのが、ヒラマサジギングのリーダーの基本的な考え方になります。

ヒラマサ用としてはフロロカーボン製リーダー、号数で10~18号程度、ポンド数で35~60ポンドが標準的。

ジギングはフロロカーボンが人気

ひとくちにリーダーとは言っても、その種類は多岐にわたります。
材質から、太さ、メーカーごとの独自の味付けなど、「一体どれを選べばいいのか」と困惑する人も多いでしょう。

まずは注目して欲しいのが、リーダーの材質。

現在リーダーの選択肢としては、大きく分けて2種類、「ナイロン製」と「フロロカーボン製」が主流です。

ナイロン製は、しなやかで伸びがある材質。
比重は軽く、擦れにはそれほど強くないといった性質を持っています。

対してフロロカーボン製は、ゴワゴワしていて扱いづらさはあるものの、ナイロン製に比べ擦れには強く、比重は重めという材質です。

ジギングにおいては、その特性からフロロカーボン製の方がメリットが大きく、人気もあるといった感じです。

ジギングあるあるの「リーダーボフッと問題」。常に張って扱えばかなり避けられるが、リーダーが長すぎるのも原因のひとつ。

リーダーの太さや強さ、長さの決め方

つぎに注目したいのが、リーダーの太さです。

ヒラマサジギングでは、全国的にPE3号~4号のラインが使われることが多いので、それに対応した太さ、強さのリーダーを選ぶ必要があります。

太さの基準、号数だと10~18号程度、強さの基準、ポンド(lb)数だと35~60ポンドといったところ。

上記のリーダーを3~4メートル(約2~3ヒロ)ほどから、好みやフィールドに合わせて調節してみてください。

具体的には、PE3号のタックルの場合、40ポンド程度のリーダーを3メートルほど。
PE4号のタックルの場合、50ポンドで3メートルほど。

このあたりを中心に、慣れてきたらリーダーを長めにしてみたり、太め、もしくは細めのリーダーも試してみるようにすると、失敗が少ないかと思います。

ここで知っておいて欲しいのがフロロカーボン製のデメリットの部分。

というのも、このフロロカーボンリーダー、かなり張りが強くてゴワつきます。
太ければ太いほど、長ければ長いほど扱いづらくなってしまいます。

たとえば、釣り場でルアーをセッティングしようとした途端に、リーダーの復元力で「ボフッ」と勝手に糸が絡んでしまうなんていうのもありがちな話。

せっかくリーダーまで結んできたのに、釣りを始める前から絡んでしまっては本末転倒ですよね。

「PEラインは魚から見えるから、リーダーを長めにした方がいい」
「PEラインの糸切音を魚が嫌うから、リーダーは長めにした方がいい」

こういった長めのリーダーを推奨する話もときに耳にしますが、これはあくまで扱える前提での話。

トラブル続きで釣りにならなければ、釣れる魚まで釣れなくなってしまいます。

慣れるまではリーダーを短めにする、細めにするなどの工夫をして、フロロカーボンリーダーと上手く付き合っていくのが大切です。

ジギング用だけでなく、
船釣り用のハリスを利用するのもお得な一手だ。

ちょっとお得な節約術

ここでちょっとした裏技?というか節約術を紹介したいと思います。

というのが、船釣り用の「ハリス」を使用するということです。

「リーダー」「ショックリーダー」という言葉には、ルアー用品感がありますし、実際、お店に行くとルアー用品として扱われています。
いっぽう、船の餌釣りのコーナーを覗くと、ここにも「ハリス」としてフロロカーボン製の釣り糸が売られています。

両者ともにフロロカーボン100パーセントの糸という点では同じ物なのですが、「ハリス」の方がメートル当たりの単価で換算すると、割安なことが多いです。

もちろん、ルアー用はルアー用で各メーカー独自の味付けをしていることも多いので、専用の物を選ぶに越したことはありません。

ただ、「特にこだわりはない」「少しでも安く抑えたい」といった場合には、同サイズの「ハリス」から選んでみるのも選択肢のひとつではないでしょうか。

ヒラマサジギング用のリーダーはフロロカーボン製をメインに考えるのが基本。

まとめ フロロリーダーを主軸に考える

今回は、ヒラマサジギングのリーダーについて、基本的な考え方や選び方を解説してきました。

まとめると、現状ヒラマサジギングにおいてはフロロカーボン製のリーダーのメリットが大きく、人気も高いので、まずはフロロカーボンリーダーを選ぶのがおすすめです。

太さとしては、10~18号程度のもの。

長さは3~4メートルを基本に、自身の好みや状況に応じて、出来るだけトラブルが少なくなるように調節してみてください。

少しでも費用を抑えたいといった場合は、船釣り用の「ハリス」を流用するのもおすすめです。
自分に合ったリーダーを選んで、ヒラマサジギングをもっと快適に楽しみましょう!

おすすめ記事

注目記事

MOVIE

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. 1

    【キハダキャスティング】キハダマグロを釣るためのタックルから釣り方までの完全バイブル

  2. 2

    【マグロキャスティング】SOULS佐藤偉知郎さんに訊く!スイベル&スプリットリングの重要性

  3. 3

    カツオキャスティングロッドおすすめ8選!

  4. 4

    【タイラバ】リーダーの長さや号数はどのくらい? その役割、重要性とは?

  5. 5

    【スーパーライトジギング(SLJ)】ロッド、リール&ライン! 最初に揃えたいタックルとは?

TOP
CLOSE