【相模湾シイラタックル】ルアー選び編:教えて!バスメイトさん

連載記事

シイラキャスティングのルアー選びついて学ぶ第3回目。用意すべきルアーの種類はどんなものがあるのだろうか? サイズは? 重さは? カラーは? ルアー選びに関するすべての疑問に、バスメイトの池貝店長が答えます!

【PR】本ページにはプロモーションが含まれています。

相模湾シイラタックルにまつわる登場人物

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/yup_icon01.jpg
ヤップ君

釣り経験はあるものの、ビギナーレベルから抜け出せずにいる30代男性。オフショアゲームでエキスパートを目指すべく奮闘中。

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/tokunaga_icon01.jpg
徳永さん

徳永兼三(とくなが・けんぞう)東京都大田区でプロショップ『BASS MATE』を経営するエキスパートアングラー。バスフィッシングからマグロ、GTといったビッグゲームまで幅広くこなし、国内外のフィールドに精通。これまでに数々のレコードフィッシュを釣り上げている。

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/ikegai_icon01.jpg
池貝さん

池貝雅俊(いけがい・まさとし)バスフィッシング、シーバス、近海のオフショアなど関東周辺のルアーゲーム全般に造詣の深いバスメイトの店長。タックルに関する知識も豊富で、店内で扱う商品在庫のすべてを把握していると言っても過言ではない。

ペンシルベイトやポッパーのほかにもジャークベイト、ミノー、ジグを揃えておく

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/yup_icon01.jpg
ヤップ君

いよいよ肝心のルアー選びですけど、その前にルアーの接続方法を教えてください。スナップは使ってもいいんですか?

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/ikegai_icon01.jpg
池貝さん

ルアーは直結するよりも、スナップまたはスプリットリング&溶接リングを使うのが一般的ですね。もし直結にこだわるならばフリーノットにして、ルアーの動きを妨げないようにしてください。

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/yup_icon01.jpg
ヤップ君

ルアーはいろいろありすぎて、正直、どれを選んだらいいか見当もつきません。

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/ikegai_icon01.jpg
池貝さん

じゃあまずはタイプから整理してみましょう。ひとつ目はこの釣りの醍醐味ともいえるトップウォータープラグ。ペンシルベイトやポッパーが代表的です。次にジャークベイトやジグミノーなど、水面直下で誘えるルアー。シイラが水面まで出きらないときに有効です。ビギナーにはリップ付きのミノープラグもおススメ。リールを巻くだけで泳ぐし、イレギュラーなアクションも演出しやすいルアーです。あとはちょっとレンジが深いときや、カツオなどの他魚種が回っているケースに備えて、30グラムから60グラムのメタルジグも持っていると役に立ちますよ。

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/yup_icon01.jpg
ヤップ君

ルアーのサイズはどのくらい? やっぱり季節的な要素やマッチザベイトを考慮したほうが良いんですか?

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/ikegai_icon01.jpg
池貝さん

もちろん食べているベイトに合わせたほうが良い場合もあるけど、シイラの場合はそこまでシビアに考えなくても大丈夫。プラグなら10センチから16センチ、重さで言えば30グラム~60グラムのものがあればほぼカバーできますよ。

相模湾シイラ陽ルアーのカラー選びはシンプルに! ナチュラル系とピンク系でOK

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/yup_icon01.jpg
ヤップ君

カラーもいろいろ揃えていくほうがいいですか?

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/ikegai_icon01.jpg
池貝さん

シイラゲームはほとんどの場合デイゲームで、潮も澄んでいることが多いため、ブルー系、グリーン系などのナチュラルなカラーと、視認性の良いピンク系があればOKです。もしも色であれこれ悩むなら、そのぶんルアーのタイプやサイズを増やしたほうが状況に対処しやすいですよ。

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/yup_icon01.jpg
ヤップ君

購入時に装着されているフックやリングはそのまま使用して大丈夫?

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/ikegai_icon01.jpg
池貝さん

太軸のものならそのまま使っても大丈夫。でもシーバス用の細いフックが付いている場合は、もうワンランク強いフックに交換しておいたほうが安心です。それから船宿さんでバーブレスを指定しているところも含め、シイラゲームではバーブレスが基本になります。バーブレスでない場合は、プライヤーなどでカエシを潰しておくことも忘れずに。

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/yup_icon01.jpg
ヤップ君

魚のダメージだけでなく、釣り人の安全対策上も大切ですね。

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/ikegai_icon01.jpg
池貝さん

その通りです。安全つながりでは、ライフジャケットは絶対として、帽子、グローブ、偏光グラスも必需品。足元はサンダルを避けて、しっかりと足を保護するシューズを履くとケガの防止に役立ちます。あとは魚を押さえるためのタオルやフィッシュグリップ、シイラの口からルアーを外すフックリムーバーもあると便利です。

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/yup_icon01.jpg
ヤップ君

う~ん、だんだん釣れる気がしてきたぞ。この夏はTシャツに短パンでシイラをゲットだ!

https://yupfishing.com/manage/wp-content/uploads/2023/06/ikegai_icon01.jpg
池貝さん

頑張ってください。でも直射日光が気になるときは、長袖のシャツやフェイスガードで肌の露出を抑えることも忘れずに。では、良い釣りを!

相模湾のシイラキャスティング②に戻る

■取材・文/高橋大河 Taiga Takahashi

◎INFORMATION
フィッシングプロショップ バスメイト
所在地:東京都大田区東矢口3-6-7
TEL:03-3735-0200
定休日:毎週月曜日
HPアドレス:www.bassmate.co.jp

注目記事

MOVIE

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. 1

    【キハダキャスティング】キハダマグロを釣るためのタックルから釣り方までの完全バイブル

  2. 2

    【マグロキャスティング】SOULS佐藤偉知郎さんに訊く!スイベル&スプリットリングの重要性

  3. 3

    カツオキャスティングロッドおすすめ8選!

  4. 4

    【タイラバ】リーダーの長さや号数はどのくらい? その役割、重要性とは?

  5. 5

    【スーパーライトジギング(SLJ)】ロッド、リール&ライン! 最初に揃えたいタックルとは?

TOP
CLOSE